小牧店ショールーム

補助金を活用し、省エネLED化!小牧市でお得にリフォーム 

家庭用LED照明器具買替支援補助金が(令和5年7月1日)から受付開始しています。

交換するだけで、家庭の電気料金と二酸化炭素排出量の削減につながります!

住宅の照明器具を蛍光灯などからLED照明器具に買い替えた方に対し、その経費の一部を補助してくれます。

 

補助の対象となるものは、令和5年7月1日(土曜日)~令和6年2月29日(木曜日)の間に市内販売店で購入・設置したLED照明器具とLED電球となります。

※上記期間外に購入したものは対象外

※予算がなくなり次第、終了です

 

 

【メリット】 照明器具をLED化にした方が良い理由

 

◆電気代の違い

商品や使用量によって異なりますが、『白熱電球・蛍光灯』と比べてLED照明は

1ヶ月当たり 数十円~数百円 安くなります。

1年に換算すると、交換するだけでかなりの節約が期待できます。

 

◆寿命の目安・違い

1日10時間使用したとして

・白熱電球:1,000~2,000時間 約3~6ヶ月

・蛍光灯:13,000時間 約3年7ヶ月

・LED電球:40,000時間 約11年

 

◆ランニングコスト

LEDの照明器具は、購入さえすれば長く使用できるので買い替え費用を抑えることが出来ます。

 

 

【デメリット】

 

◆価格が高い

白熱電球や蛍光灯と比べると長く使えますが、その分価格が高いです。

 

【補助対象】

・令和5年7月1日(土曜日)~令和6年2月29日(木曜日)の間に、市内販売店で購入・設置したLED照明器具とLED電球
※新品に限る

・家庭用で、蛍光灯や白熱電球などの既存照明からLED照明器具へ買い替えたもの
※LED照明器具からLED照明器具への交換及び新規設置・増設は対象外

・合計購入金額が5,000円以上であること

・屋内に固定して使用するもの

 

【対象にならないLED照明器具】

対象にならないLED照明器具

 

【補助金額】

設置工事費を含む購入額の3分の2(上限30,000円)

※申請は1世帯あたり1回限り

※100円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てた額

 

工事資格を持った職人さんが施工しないと取替が出来ない場合もあります。

ご依頼お待ちしております。

 


この記事を書いたスタッフ

ニッカホームfacebookページ